"マインドコントロール"子育ての方法、教えます・・・



    もしあなたが、この中でひとつでも気になることがあれば、 今すぐにこの手紙を読んでその悩みを解決してください。

  • 試験が近づいてもまじめに勉強しようとしない子供を、毎日5分のコミュニケーションで自ら問題集を買いあさり、次から次へと勉強を率先してさせてしまう方法とは?
  • 東京都内のある学級崩壊した公立中学校・・・そこでオール2の成績すら取れなかった不良生徒を、わずか3ヶ月後に5科目合計で294点伸ばし、おまけに毎日皿洗いをするほど生活態度も改善させてしまった方法とは?
  • 提出物を出さないでも平気でいる・・・試験が近付いても全く勉強しようとしない・・・その裏に隠された子供が直面する重大な問題を理解し、合理的に対処する方法とは?
  • 20歳になってもまだ中学生のように反抗期・・・そんな大人があちこちにいますが、反抗期のまま大人になってしまわないよう、子供のうちに親がしておくべきこととは?
  • 不良であれ優等生であれ、中学生以上の子供とコミュニケーションをする際には、見落としてはいけないポイントがあるのですが、その内容とは?
  • 子供が、自ら問題点を発見し、親のアドバイスを受けることなくもっともよい解決策を自ら考え出してしまう方法とは?(正しく指導すれば子供はすぐに成長するのです・・・)
  • 試験前になっても勉強をする気が一切起きず、毎日毎日携帯で友達とメールし帰ってくるのは夜10時過ぎ・・・そんな不良の子供が「数学って意外と簡単なんだ」と言いだすほど成長させた方法とは?
  • ダイエット、ジャニーズ、ドラマ・・・そんなものにしか興味を示さない女の子でも、毎日コツコツ勉強するのが楽しくて仕方ないと言わせてしまう方法とは?
  • 反抗期の子供を理解するのは、原則さえ押さえられれば非常に簡単なのです・・・反抗期の子供の発言がすべて手にとるように理解できてしまい、もし望むなら子供を操ることすら可能になってしまう方法とは?
私が最近教えた生徒の成績をご紹介すると・・・

(五科目合計得点 指導開始3ヶ月〜6ヶ月での実績)

一人平均 160点up (一科目平均 32点up)

つまり、―科目平均20点しか取れない子どもでも、3ヶ月後には52点を普通にとってくる、ということです・・・。

申し遅れました、私思春期を専門にする教育コンサルタントの小宮健と申します。

東京大学理科一類から工学部に進学し、学生時代から家庭教師と塾でのアルバイトをしていました。両親はともに中学校の先生ですが、その影響もあったのかもしれません。卒業後は個人塾を経営し中学生を指導する傍ら、教育コンサルタントとして中学生のご両親に教育のアドバイスをしています。

さて、私がこの職業を選んだきっかけを話しましょう。

もっとも大きな動機は、学生時代のアルバイトです。
単純に時給が良いからという理由で始めた家庭教師で、私は順調に実績を積み重ねていました。

ちょっと自慢になってしまって申し訳ないのですが、
学生時代当時の実績の一部をご紹介すると・・・
  • 平均点10点以下の生徒が3ヶ月後平均点40点になった。
  • これまで英語の評価が1しかとっていない中3の生徒が指導4ヶ月で英検3級をとった。(指導前はbとdを区別できないなど、アルファベットすら危うかった。)
  • V模試の偏差値が3カ月で20もあがった。

思春期の心理学に関する本を読みあさっていたのが役に立ち、これらの実績を最初から出す事に成功していました。

で、ふと考えたわけです。

こんなに簡単に成績が伸びる子供たちを、日本の公教育は「反抗期だから勉強させるのは難しい」などと幼稚な言いわけをしながら、無視し続けてきたのではないか。

その結果、学校でしっかりと育てられていない子どもが、家庭でご両親に迷惑をかけているのではないだろうか・・・

学校は教育機関であり、教育のプロ集団がいるはずです。
にもかかわらず実績がだせない。
彼らは、子供が何を考えているか、どうすれば勉強させる事が出来るのか、ちっともわかっていないのです。

結果、でてくる言葉は、「この子は真面目に勉強しないから、成績が伸びない。」

なんでもかんでも「子供が勉強しないから」
などと子供のせいにする、
“ダメ教師”に騙されないでください・・・


もちろん、世の中にはよい先生がたくさんいます。
しかし残念ながら、そうではない先生も多いのです。

もし、先生が子供の成績が伸びない事を「子供のせい」といっているようであれば、 私に言わせればとんでもないダメ教師です。

彼らは、「私にはこの子の成績を伸ばすだけの能力がないんです。それくらい私はダメなんです」と自分で宣言しているようなものです。

彼らダメ教師が自信を持ってしまうのには理由があります。

それは、クラスには必ず優等生がいる、ということです。

優等生は、家庭でのコミュニケーションが偶然うまくいっているから優等生である、というケースがほとんどですが、これを見て勘違いしてしまう教師が多いのです。

「私の教え子に優等生がいるのは、私の指導が間違っていないからだ。」
「私の教え子に劣等生がいるのは、彼らの勉強に対する意識が低いからだ。」


つまり、うまくいけば自分のおかげ、うまくいかなければ子供のせい、というダメ教師が意外と多いのです。

しかし事実は多くの場合逆ですね。

「クラスに優等生が数人しかいないのであれば、
それは教師の実力とは無関係に偶然混ざっている優等生である。」

「クラスに劣等生がかなりの数いるのであれば、それは生徒が悪いのではなく教師が悪い。」


ちょっと考えればこれらの事実は当たり前ではないでしょうか。

自分の教え子に優等生が少なければ、それはまぐれです。
自分の教え子に劣等生が多ければ、それは教師の実力です。

にもかかわらず、そんな思考すらできない“教師”が多いのです。

その結果、日本には勉強のできない“劣等生”たちがあふれ、かれらは携帯をいじり回し、部活やジャニーズに夢中になる一方で、 ちっとも勉強をしないどころか提出物すら出さないのです。

そして言語道断なのは、学校の教師が生徒の成績が悪いのを家庭のせいにしてしまうことです。
自分の責任にされてしまったご両親はたまったものではありません。

子供の成績が伸びずに辛い思いをするお母さんが非難されているのをみるのは、
もういやなんです・・・


はっきり言いますが、ほとんどの子供の成績は伸びます。

確かに、既にレベルの高い高校に向けて長い間ガンガン勉強している優等生の子供は、もう伸びる余地はあまりありません。

しかし、もしあなたの子供が受験なんかほとんど意識していない普通かそれ以下の子供であれば、成績を大幅に伸ばすことは十分可能なのです。

そう断言できるのは、日本の教育レベルが低すぎるからというのもありますが、
やはり子供にとって親と言うのは絶大な力を持っているからでもあります。

もしご両親がちょっとだけ子供にアドバイスするコツを知りさえすれば、たとえ塾や家庭教師にお金を払わずとも、評判は良いが授業料の高い私立学校に通わせずとも、子供は一気に成績を伸ばす事ができるのです。

毎日毎日子供と家族のために 料理を作り、家事をこなし、 教育のためのお金を払ってあげているのに、 子供は反抗するばかりで成績を全く伸ばさず、 旦那からも文句をいわれる・・・ せめて、今日から子育てに関する悩みは 一切なくしてしまってください。

お子さんが中学生と言う事は、あなたは少なくとも12年間は子育てをしてきたことになります。

12年間も頑張ってきたんです。
あなたは本当に偉いんです。
それにも関らず、まだ苦労しなければいけないなんて、こんな不条理あるでしょうか。

もし、子供の塾代をいくら払っても、半年以内に子供の成績が伸びなければ、その塾は“ボッタクリ”に他なりません。 生徒の学力を伸ばすのが塾ですから、生徒の学力が伸びなければボッタクリです。当然の論理です。

そんなボッタクリの塾が、世間には非常に多いのです。

夏期講習や冬期講習に多額の料金を支払ったのに、
子供の成績がほんの5点しか伸びなかった・・・

成績が伸びなかったどころか、むしろ悪くなった・・・。

そんな“被害”を受けたという話をいまだによく聞きます。

何度も言いますが、それは子供が悪いのではありません。 まして、ご両親であるあなたが悪いのではありません。

ご家庭の大切なお金をもらうだけもらっておいて、子供の貴重な時間まで使い、 結果点数をちっとも伸ばす事の出来ない塾が悪いのです。

成績をまともに伸ばす事のない
塾や家庭教師に捨てていたお金は、
今日から全てあなた自身のために
使ってほしいんです・・・


今後、そんな塾にお金を捨てるのはもうやめて、その分のお金を自分のためにつかってみませんか。

きちんとしたステップさえ踏めば、子供は本屋でテキストを買ってきて、家や図書館で勉強を頑張れるのです。 テキスト代なんて、中学生生活全部ひっくるめて2万円もあれば十分です。 受験用テキストをたくさん買うにしたってプラス2万円程度でしょう。

成績を伸ばす事のできない塾に毎月毎月数万円投資し、
たった1カ月だけの夏期講習に10万円すてるなんて馬鹿げています。


日本最高学府といわれる東大合格者でさえ、独学で受験勉強していた人は少なくありません。 それほどまでに、独学で成績を伸ばす事は可能なのです。

「うちの子に独習させるのはたぶん無理・・・」

わたしがアドバイスをしてきた方々はみなさんそういいますが、本当にそうでしょうか。

私は今まで、独学で結果を出す方法を教えてきただけですが、3カ月以上指導した生徒で結果を出す事に失敗した生徒はいませんでした。
あなたの子供は、その数少ない例外なのでしょうか?

子供の成績を伸ばしたければ、子供には独学で学習させる。
どうしてもという場合に、塾や家庭教師でサポートする。

浮いたお金は、お母さんがご自分のために使ってよいのではないでしょうか。

毎月エステに通っても、 いつもより高い化粧品を買っても、 お洒落することや、 ちょっとだけ贅沢なランチにつかってもよいのです。 毎日毎日家族のために頑張っているのですから、 それくらいは当然のご褒美 というものではないでしょうか。

先ほども言いましたが、あなたは子育てを十分頑張ってきたのです。

だって12年ですよ。

毎日が楽しかった長い長い小学校生活は6年間ですから、それが2回分です。

また、人生の夏休みともいえる大学生生活は4年間です。
12年と言えば、そんな学生生活を3回も過ごす事が出来ます。

子供を産まなければ、その養育費を使って、12年間、旅行に何回いけたかわかりません。

それだけの人生を、子育てや家事、仕事のために犠牲にしてきたのに、
子供は反抗し、先生や夫からは文句を言われる・・・

そんなこと決してあってはならないんです。

もちろん、子供がいることはとても幸せな事ですが、
それにしても、もっとあなたは報われてよいのです。

今この手紙を読んでくれているあなただけは、
反抗してばかりの子供と毎日毎日格闘し、
やっと子育てが終わったと思ったら
既に年老いてしまっている自分に呆然とする・・・
そんな人生にだけはさせません。


そのために、あなたがするべきことは、これからお話しすることをよく理解し、子育てに応用するだけです。

何も難しい事はありません。
ごくシンプルな方法ですが、シンプルゆえに強力な方法でもあるのです。

その方法は、たった三つのステップからなります。

STEP1 思春期の習性を把握する。
STEP2 子供のマインドを支配する。
STEP3 がんがんやる気を出させる。

私は思春期のコンサルタントとして実績を残してきましたが、
それはこの三つのステップを着実にこなしてきたからです。

ひとつずつ具体的にみてみましょう。

STEP1 思春期の習性を把握する。


まずあなたがするべき事は、思春期の“習性”を把握することです。
あなたも気付いているはずですが、思春期の子供たちというのは、それ以前の子供たちとは全然違います。

今までの習性を全部捨てて、全く新しい人格になっていくのが思春期です。

ですから、子供に対する古い理解は、一回捨ててください。

今までの事は全て忘れて、また新しく子供を理解する、そういう気持ちが重要です。
彼らの考え方はまったく新しく生まれ変わるからです。

そして、このステップさえこなせればあとの話が非常に楽になります。
ここでほとんど全ての仕事が終わると思っていただいても大丈夫です。

なぜなら、思春期の行動を全て把握することにより、
何を言うと何を考えるだろう、というのが全てわかるからです。
このステップが全ての基本になります。

そして、思春期の子供は、実は考えている事が非常に単調なので、すぐに理解できるでしょう。
この段階では世界中のほとんどの子供が決まったパターンでしかものごとを考えないものと思ってください。

それくらいシンプルです。

ですから、あなたがするべきことは、子供の習性をよく観察し、理解することです。

毎日、今日は子供が何を考え、何を感じたのか理解してみてください。
徐々に子供の行動が、決まったパターンしかない事に気がつくはずです。

彼らの考え方はごくごくシンプルで、それゆえに把握しやすく、あやつりやすいのです。


STEP2 子供のマインドを支配する。


子供を理解出来たら、いよいよ次のステップ、子供のマインドを支配します。

まだ何も指示したり、命令したり、叱ってはいけません。
ここではマインドを支配する事に徹します。

「マインドを支配する」というと何かいけないことをするのかと思われがちですが、
そんなことはありません。
具体的には、子供との接し方を変えるだけです。

そして、子供に「親の言う事は絶対に聞く」という状態にさせるのです。

「なんか難しそうだなぁ」

と思った方もいるかもしれませんが、これは何も難しい事ではありません。
私達は、ごく日常的にマインドを支配されています。

たとえば、新種のサプリメントがあるとしましょう。

これを、以下にも詐欺師と言った風貌の営業マンが突然家に押し掛けてきて、
「健康にいいんです。」
とあなたに紹介したら、あなたはそのサプリメントを信じるでしょうか?
恐らく信じないはずです。

ですが、同じサプリメントを、テレビショッピングで大学教授で紹介していたら、あなたはそのサプリメントを信じてしまうのではないでしょうか。

これはつまり、あなたのマインドはその学者にある意味、“支配されている”のです。あるいは、“絶対的に信頼している”、そんな状態であるともいえます。
ですから、変なセールスマンに言われても信じられない事を、その学者にいわれるだけでいとも簡単に信じてしまうのです。

子供のマインドを支配する、という意味がわかったでしょうか。

子供の習性さえ十分に理解しておけば、子供がどういうときに相手を信頼してしまい、その人の言う事を絶対的に信じてしまうのかがわかるはずです。

そして、こういう状態にさえしてしまえば、子供はあなたの言う事は仮に嘘であっても信じるでしょう。

STEP3 がんがんやる気を出させる。


次にやるべきは、子供に指示を与える事です。
間違った事をすれば叱り、うまくいくことがあれば褒めてやればよいのです。

信頼しているあなたから叱られれば子供は同じ間違いをしないようにするし、褒められれば、子供は必ず頑張るでしょう。

また、信頼しているあなたによく思われるため、日ごろの行いがよくなるかもしれません。部屋をきれいに掃除し、家事をすすんで手伝うようになるかもしれません。

どうであれ、あなたの役割は子供を正しい方向に導くことです。
導く、というのはひょっとすると違うかもしれません。
導くよりは、サポートする、というものに近いですね。子供が何かにぶつかったときだけ、 年長者であるあなたがアドバイスするのです。

この段階では、子供は既にかなり頑張っている事でしょう。
ですから、あなたがするべきことはかなり少ないはずです。


私が今まで子供の成績をどんなに伸ばした時も、どれだけご両親に感謝された時もしたことは以下の三点についてアドバイスしただけです。

STEP1 思春期の習性を把握する。
STEP2 子供のマインドを支配する。
STEP3 がんがんやる気を出させる。

ですから、あなたが子育ての悩みを全て解決したければ、この三つに集中すればよいのです。

「そんなこと、しっかり できるかどうか
不安なんだけど・・・」


そう、あなたは言うかもしれません。

子供のことは子供から学ぶのが一番ですが、そうはいっても、時間的制約や、忙しさの面から、 子供の相手をするほどの余裕はなかなかないのではないでしょうか。

実は、子供の行動はかなりパターン化されているため、
私があなたの子供についてかなりの部分まで言い当てる事が出来ます。

確かにあなたが、いちからそれを全て自分でみつけだすのは、大変かもしれません。

そこで、それらを全て、書き下してみました。

本来こう言った話は、心理学の用語で埋め尽くされ専門家以外にはほとんど理解できないものなのですが、 そんな情報には一切意味がありません。

難しい話は一切ぬきにして、読んだ瞬間からあなたの悩みを消し去る、そんな情報だけを知りうる限り全て書きました。

ですから、これを読めば、子育ての悩みの大部分は解決することが出来ると思います。

ただ、そうはいっても中身を見ない事には買うことはできないでしょう。
それは私もそうです。
何が書いてあるかわからない本は買えないのです。

そこで、内容を出来る限り具体的に書いてみましたから、確認してみてください。


Part 1 : どんなにひねくれた子供であっても心のすみずみまで理解し、 彼らの行動の全てが手にとるようにわかる方法


このパートでは、思春期の子供について理解するための知識を全て書きました。
とはいっても専門用語などは一切使わず、読んですぐ理解できることばかりを書いています。

その内容の一部をご紹介すると・・・

  • これをしてしまったばかりに、子供の反抗心をどんどん強めてしまう家庭が多すぎます・・・ 親の良心ゆえにやってしまいかねない、子供を育てる上でやってはいけないあることとは? (常識とは真逆の知識ですが、これは研究でも実証された事実です・・・。)
  • これさえできれば、もう他に望む事はないという人もいるかもしれません・・・ 自分が言いたい事を子供が何も言わなくてもわかってくれる、 そんな状態にしてしまうある方法とは?
  • 私は個人塾の先生として生徒に勉強を教え、 生活態度を指導しているわけではないのですが、 それでも意図せず“オマケ”で生徒の生活態度を改善させる事に成功しています・・・ その理由とは?
  • これを知っておかないと、 子供を本来許してあげなければいけない時に叱ってしまうかもしれません・・・ 思春期の子供なら、本人の意志とはほぼ関係なくしてしまう失敗とは?
  • 自分の子供は将来怠け者になってしまうのではないか・・・ そんな不安を消し去る、ある重要なポイントとは? (これを読んで、しっかりした子供の親だけが知っている気楽さを心から味わってください。)
  • 「お父さん、私より先にお風呂に入らないで。汚いから。」 そんな娘の暴言の裏に隠された、ある重要な子供の変化とは? (これを見逃して間違った対応をしてしまうと、のちのち子供の暴言をエスカレートさせることになるかもしれません・・・。)
  • 思春期の子供は無意味にグループを作り、そのグループ同士が敵対し、 仲間はずれの子供も出来てしまうものなのですが・・・ そんな時に大人がとるべきひとつの態度とは?
  • 自分の子供が不良グループと一緒にいる・・・ これは無理矢理なおすこともできず、 かといってそのままわが子が不良になっていくことを放置もできない難しい問題なのですが・・・ そんな時に間違えてはいけない、親が知っておくべき対処法とは?
  • 小学生を育てる感覚のまま中学生を育ててしまうと、 子供との距離は開き続け、知らぬ間に万引きなどに手を染めてしまうこともあります・・・ 中学生を育てるときに多くの大人が勘違いしてしまっている、あることとは?
  • 「今の子供はキレやすくて・・・」そう悩む大人が多くなった背景にある、 ある隠された真実とは? (この視点があると、現代の子供の心理状態がほとんどわかってしまうかもしれません・・・それほどまでに重要な視点です)
  • 怒りまくる子供・・・乱暴になる子供・・・ 傷ついて、落ち込みやすい子供・・・ そんな感情のコントロールが出来ない子どもを一気に成長させてしまうための、 全く手間のかからないある親の役割とは? (これを知らないと、子供は将来自分の感情を抑えられなくなる可能性があります・・・)
  • 学校でショッキングなできごとがあったため、 泣かされて帰ってきた子供・・・そんな時に子供にさせてあげるべきあることとは? (泣かされて帰ってくるのは、親子関係をよくする大チャンスなのですが、 きちんと活用できている人はほとんどいないのかもしれません・・・)
  • 子供を内気にさせ、酷い時はひきこもらせてしまう・・・ 親が無意識にやってしまうが、避けなければいけないあることとは?
  • 壁を殴り、大声をあげて暴れる子供・・・ そんな子供を冷静にさせるための、 常識とは真反対の方法とは? (これをするだけで、子供は一気に冷静さを取り戻します。 こういう方法を知っておくと、いざというとき非常に気持ちが楽になりますよね・・・)
  • 思春期の子供は大人に隠しごとをするようになるのですが・・・ その心理変化から読み取るべき、子供のひとつの特徴とは? (これを知らないと、今後も子供との間に無駄なトラブルを引き起こしてしまいます・・・)
  • 頑固に自分の主張を押し通そうとする子供・・・ 短気で、意志と行動力が非常に強い子供の場合は必ず気をつけてください。、 彼らがやってしまいがちな、 親がどんな手段を使っても避けさせなければいけないある非常に危険な事とは? (特に思春期の女の子にこの危険性が多いようです・・・)
  • 子供の本当の性格を見抜くには、このポイントだけおさえておいてください・・・ 子供を本当に理解するための、非常にシンプルな4つのチェック項目とは?
  • 多趣味で、友達も多く社交的な子供・・・ 一見何も問題がないようにみえるこのタイプの子供は、 何にも熱意が続かないという大きな欠点があるものなのですが・・・ その欠点を消し去る、ある合理的な方法とは?
  • 自分以外のことに興味がなく、いつもボケっとしていて、 なんとなくくつろいでいる感じの子供・・・ そんな子供を意欲的な子供に成長させるための、ある方法とは?
  • いつもネガティブな発言をしていて、何をやるにしても自信がない子・・・ そんな子にある言葉をかけてしまうと、事態がどんどん深刻化してしまうのですが・・・ その言葉とは? (無意識にこの言葉をかけ続け、 ネガティブな子をどんどんネガティブにさせることのないようにしてください・・・)
  • ネガティブな子供をほめるのは決して悪い事ではないのですが、 その際誰しもやってしまいがちな大きな落とし穴がひとつあります・・・ ネガティブな子供をほめる際には避けなければいけない、ある落とし穴とは?
  • ネガティブな子供には、 他の子供にはなかなか見られない大きな長所があるのですが・・・ その長所とは?(この長所を突破口にして、大きく成長させる事が出来ます。)
  • いつも暗い事ばかり考え、自分をほめようとしない子ども・・・ 実は、彼らを導くのに適切な先生のタイプがあるのですが、 そのタイプとは?(このタイプの先生を見つけたら、是非授業を受けさせてください。)
  • 思春期の子供の性格タイプが大きく変化するのはよくあることですが、 実はその変化のパターンはごく限られた種類しかありません・・・ 子供の性格が変化する際の、たった4つのパターンとは?
  • 性格の変化に関して、 女の子の場合はとりわけ注意しておかなければいけないことがあるのですが・・・ その注意点とは?
  • 子供の性格タイプを完全に理解した際、 それでも陥りがちな大きなミスとは? (せっかく子供のことを理解したのに、こんなことをするだけで子供との距離は離れてしまいます・・・)
  • 毎日ダラダラとすごす子供にしろ、友達とプリクラに大量のお金を使う子供にしろ、 志望校を目指して日々勉強にいそしむ子供にしろ、 思春期の子供は、無意識のうちにある思想に縛られ、 ほとんどその思想だけで動いているといっても過言ではないのですが・・・どんな子供にもみられる、 ある普遍的な思想とは? (この思想をきちんと理解できている人はほとんど会った事がないのですが、 これを知らずに子供を理解するのは無理でしょう・・・)
  • 「お母さんの言ったようにするのは、なんか負けた気がする・・・」 最近の子供はこういうことをよく言うのですが、その裏に隠された、 見落としてはいけないある重要な子供の心理とは?
  • 子供が大人に成長する過程で、ある重要なステップを踏むのですが、 それを理解してあげないと子供の成長を妨げてしまうことになるでしょう・・・ そのステップとは?
  • つい数年前まで真面目だった子供が わざと窓を割ったり、万引きをしてしまう・・・ その行動から読み取れる子供の深層心理と、その適切な対処方法とは? (今すぐにでもできる簡単な事ですが、 これができないと子供の非行はどんどん過激になっていってしまいかねません・・・)
  • 毎日毎日、ダイエットとジャニーズとドラマにしか脳内にない女の子・・・ そんな子供でも、 わずか3週間後にはみっちり勉強するスケジュールを自ら作り、 さらに徹底してそれを実行させてしまった、ある方法とは? (これは私の学習塾で行っている方法なのですが、非常に効果があります・・・)
  • 将来の事を考えられず、ただひたすらとダラダラし続け、 恋人と卑猥なメールをする中学生達・・・ 親があることをしらないと、そのまま何も変わらずに成長させてしまう事になるのですが、 親が知っておくべきこととは?
  • 子供の価値観をよく観察すると“ある特徴”があり、 これに気付くと子供たちの価値観が全て丸見えになってしまう可能性もあるのですが・・・その特徴とは?
  • 「将来はフリーターでもなんでも、死ななければいいや」 そんなことを言って甘えている子供がよくいますが、実はこう言った発言の背後には見逃してはいけない特徴があります・・・ その特徴と、そこからみえてくるある対処法とは? (これを押さえておけば、子供が何を言い出しても恐くないと思えるかもしれません。)
  • 子供の意見を変えさせることはそんなに難しくないはずなのですが・・・ しかしある“やってはいけないこと”をすると、 子供の意見を変える事は日に日に難しくなってしまいます・・・ 教育熱心な親ほどついついやってしまいがちな、“やってはいけないこと”とは?
  • 思春期の子供は「勉強を頑張るべき」というのを ちっともわかっていないことが多いのですが・・・ そういった場合に、大人がぐっとこらえて我慢しなければいけないこととは? (これを我慢できないガばかりに、「何を言っても無駄」の状況にならないようにして下さい。)
  • 定期試験に向けて勉強しなければいけないのに、 勉強スケジュールを作らせると予定した合計勉強時間20分・・・ そんな絶望的な状況の子供に7日で心を入れ替えさせることができた、ある秘策とは?
  • 試験前日に勉強のやる気を失ってしまう子供が結構いるのですが・・・ そういった大人からすれば意味のわからない状況で、 しっておくべき子供の心理変化の特徴とは? (この特徴をカバーするように誘導させてあげれば、簡単に子供のやる気はでてくるケースが多いんです。)
  • 子供にアドバイスをする適切なタイミングがあるのですが・・・ そのタイミングとは?(このタイミングをはずすと、 何も効果がないどころか子供の反抗にあうだけです。)
  • 子供が勉強をサボろうという気持ちの裏側に隠された、 ある「深層心理」を理解しておくと、 それを逆手にとって子供を勉強漬けにさせてしまうことも可能なのですが・・・その方法とは?
  • 子供の中にある健全な気持ち・・・ これを育てることができている人は非常に少ないのですが、 健全な気持ちが育つことを阻害している、ある子供の環境の問題点とは?
  • 試験が近いのにゲーム三昧・・・ いつ見ても携帯をいじってばかり・・・ そんな子供たちからわかる、ある意外な思春期の特徴とは? (これを知っておくだけで、ダラダラする子供への対処方法が何通りか見えてきます・・・)
  • ダラダラすることと、子供の成長過程には実は極めて密接な関係があるのですが・・・その関係とは?
  • 実は、単純にダラダラしていると言っても2種類のダラダラがあるのですが・・・ そのダラダラの種類とは? (このことをしっかり理解しておかないと、ダラダラする子供に対して間違った対処をしてしまうことになりかねません・・・)
  • ちょっと叱るとすぐにいじけてしまう子供・・・ 実は、この時の子供の心理プロセスにはある特徴があり、 それがわかるだけで叱り方を改善させることができます・・・その心理プロセスとは?
  • 男の子がダラダラしている時間・・・適切な理解をしておけば、 これを使ってして非行に走ることを防ぐ技があります。 男の子がダラダラする、その本当の意味とは?
  • いったん勉強を始めたにもかかわらず、 すぐにやめて携帯をいじっている子供・・・ 実は、このタイミングは再び勉強させるための絶好のチャンスなのですが、 そのために親がとるべき行動とは? (落ち着いてこの行動をとるだけで、子供が勉強を始める確率は格段に高まります・・・)
  • さっき問題集を開いたばかりなのにもう勉強をやめてしまう・・・ こういった問題は中学受験をしていない中学生によくあることなのですが、 その適切な対処法とは? (対処方法さえ知っていれば、別に叱る必要はないんですね・・・)
  • 試験前、三日間で勉強したのはわずか10分・・・ それでも大人がある事さえしなければ子供は成長しているのですが、 そのあることとは? また「成長している」と言いきれる理由とは?
  • 子供のちょっとした振る舞いに気をつけているだけで、 3ヶ月後に突然猛烈に勉強を始める事がしょっちゅうあるのですが、 その兆候となる子供の振る舞いとは? (実は、これを見ていると子供がどんどん怠け者になるのではないかと普通の人は考えるのですが 、そうではなかったんですね・・・)
  • どんなに子供に厳しく接する場合でも、 子供からはあるものを絶対にとりあげてはいけないのですが、 そのあるものとは? (無意識にこれをとりあげる親が多く、そのため子供の強烈な反抗心に悩んでいます・・・ これを与えればたいてい大人しくなってくれるのですが、非常にもったいないですね。)
  • 小学生を叱る際には、“あること”はしなくてもよかったのですが、 中学生以降の子供にこれをしないと反抗されるだけで効果がありません・・・ 中学生以降の子供を叱る際に、絶対に気をつけなければいけないこととは?
  • 中学生は大音量の音楽が大好きになるのですが・・・ そんな時、親が子供にとるべき態度とは?
  • 思春期の子供は、耳、目、鼻、舌といった感覚器に関して大きな変化があるのですが・・・ その変化とは?(これを知っておくだけで、彼らの行動パターンが如実にわかってきてしまうんです・・・)
  • 香水をつけたり、化粧を始める女の子・・・そんな行動の背後にある、彼女たちの意外な心理の変化とは?
  • 思春期の子供と言うのは、“ある大きな困難”に直面し、 その戸惑いから様々な問題を引き起こしているのですが、その困難とは? (決して、勉強の悩みばかりでもなかったんですね・・・)
  • 人生全体という大きな視点から眺めてみて初めてわかる、 思春期の特徴とは? (「大きな視点」というものを持つと、驚くほど彼らの心理がわかってきます・・・)
  • 特に思春期の子供は体が大きくなると、自分をとりまく生活環境にある“大きな変化”があり、 彼らはそれに無意識に対応しようとします・・・ その“大きな変化”とは?(反抗期はこのような視点から理解することもできるんです。)
  • 思春期の子供を襲う多くの変化・・・しかも心を閉ざす子供たち・・・ 彼らに対して親が出来る適切な対処とは?
  • ゆでたまごの薄皮をむいているときに偶然発見した、 思春期の子供を強烈に支配する彼らの“考え方”とは? (この視点はほとんどの人が欠落しているのではないでしょうか・・・)
  • 子供と会話していると、“ある事”が原因で知らぬ間に大人を非常にイライラさせるのですが、 その“ある事”とは? (一回気がつけばもうこのことに関してイライラすることは減るはずなので、あなたのストレスを激減させることも可能です。)
  • 子供たちに好かれ、信頼されるために必要な、“たったひとつの質問”とは?
  • 思春期の子供が思うように大人のサポートを得られないと、 反抗したり無気力になるのは当然のことなのかもしれません・・・ 彼らが直面し、大人のサポートなしに解決する事の出来ない4つの大きな難問とは? (この難問の答えを用意しない大人が多すぎるんです。)
  • 難問に直面し、ただそれから逃げる事しかできない子供・・・ そんな子供を守るため、親ができるたった“たったひとつのこと”とは?
  • 公園でただ遊んでいる男の子・・・彼らに対して、絶対に言ってはいけない“ある一言”とは? (なんの悪気もなくこの言葉を使う人がいますが、彼らを傷つけているだけだとわかってあげてください・・・)
  • 大人に隠れてこそこそ何かをする子供・・・ それに対して、大人がすべき対処とは? (隠しごとをする子供に対して、かならずしも無視することだけがよいことではないんですね・・・)
  • 男の子が叱られる時、必ず“ある流れ”に沿って反省するので、 その流れにそって叱る必要があるのですが・・・その“流れ”とは? (叱れば反省するなどと勘違いしていると、大きな失敗をする事になります・・・)
  • 何か悪い事をしてしまった子供に、「次からそんなことしないようにしよう」と考えさせるための、 親のエネルギーをあまり使わない方法とは? (この話を聞いて、もう叱りつけるストレスに悩むことはやめてください。)
  • 男の子に勉強を教える際は、“ある注意”をしておかないと、 とても面倒な事になるのですが・・・ 男の子に勉強を教える際、絶対に気をつけなければいけないこととは?
  • 思春期の子供には、学習をする上で非常に大きな強みがあるのですが、この強みを生かさず勉強させると永遠に結果がでないことになりかねません・・・その強みとは?
  • 特に男の子の数学の力を伸ばすのは“たった一つの事”を 気にしてあげるだけで済むケースが多いのですが・・・ その“たった一つの事”とは? (もう家庭教師を雇って数学を学ばせるのはバカバカしくなるかもしれません。)
  • つい3週間前まで軟弱で自分では何も決める事ができなかった男の子に、 意志の強さを鍛えさせ、自我を育てあげた方法とは?
  • 思春期の女の子を理解するうえで、第一に気をつけなければいけないポイントとは? (これに気をつけるだけで女の子に関してたいていの事はわかってしまいます。)
  • 女の子が“ある状態”になっているとき、 実は大人は彼女たちからは離れていなければいけないのですが、 その“状態”とは?(常識とは真反対の考え方ですが、大概このほうがうまくいきます。)
  • 自分の価値観をかたくなに持つ女の子・・・ 彼女たちに対して大人がするべき事とは?
  • 女の子に勉強を教える際には、 このポイントをはずすと必ずうまくいかないのですが・・・そのポイントとは? (これ、かなりの学校や塾で失敗しているのではないでしょうか。)
  • 部屋中にアイドルのポスターが貼ってある女の子・・・ 実は彼女たちには共通して、ある“特徴”があるのですが、その特徴とは? (これを知っているだけで、コミュニケーションがぐっと楽になります。)
  • 実は女の子に勉強を教える際に大きな障害があり、 これを取り除かないことには何をやっても無駄になってしまうのですが・・・その障害とは?
  • 勉強する際に、女の子に絶対にさせていけないことがあるのですが・・・その内容とは?
  • 女の子にこれを教えると一発で、 「そんなのわからない!考えたくもない!」といわれ 勉強させることは一切できなくなってしまうケースが多いようですが・・・その内容とは?
  • 子供が勉強を始めるとき、決まってある“プロセス”をたどるのですが、 そのプロセスとは? (これを理解せずに子供に勉強を教えるのはほぼ不可能ではないでしょうか。)
  • 子供に勉強を始めさせるための効果的な“きっかけ”があるのですが・・・ 昨日まで自分の机を使ったこともなかった子供でさえ勉強を始めさせてしまう、 5つの“きっかけ”とは?
  • 子供が勉強をやめてしまうのには明確な理由があり、 それは全て4つのパターンのうちどれかに当てはまるのですが・・・その4つのパターンとは? (これを知っているだけで対処法を考えることがぐっと簡単になります。)
  • 勉強をやめた子供は、必ずダラダラし始めるのですが、 その際に気をつけておくべきポイントとは?
  • いつもアニメとゲームの話かしない男の子や、 ダイエットとコンサートの話しかしない女の子・・・ 彼らでも突然気持ちを入れ替えさせ、 「そんなに勉強して大丈夫?」と大人に心配させるほどがんがん勉強させてしまうことも可能な、4つのステップとは?
  • これをするのとしないのでは、子供を理解するための時間が大きく違ってくるのですが・・・ 親として子育ての際にしておかなければいけないあることとは?
学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part1


以上、PDF76ページ・・・

これだけ読めば、あなたの子供についてわからないことはなくなるのではないでしょうか。


(ご購入の場合は以下のボタンをクリックしてください。尚、このページにあるどの購入ボタンから購入されても、 学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part1、Part2、Part3および無料特典が全てつきます。)




ご購入はこちらをクリック







Part2 : 親の言う事がどんなことであれ、それを子供が素直に聞き入れるためのコツ


子供のことが理解出来れば、次に必要なのは子供との接し方を変えていくことです。
子供との関係性を、古いものから新しいものへ徐々に変えていく方法を書きました。

Part1 が理論編だとすると、こちらは実践編になります。

書いてある事を実践し、子供との距離をぐっと近づけてください。

内容を出来る限り具体的に書くと・・・

  • かつて先生からの呼び出しが絶えなかった不良の子供が、親との心理的をぐっと近づけ些細な忠告でも真剣に聞かせてしまうようになった方法とは?
  • 親は無意識に子供との間に“ある関係性”を築いてしまっているのですが、 子供に普通の大人に育ってもらうには、この関係性を壊すことからはじめなければいけません・・・ その“関係性”とは?(何をするにもまずはここからなので、絶対にこれを失敗しないでくださいね。)
  • 子供が日常的になんとなく大人に求めてしまう、 ある思春期特有の“要求”・・・ これを理解し子供とのやり取りに使うだけで親の言うことは全て守ってしまうのですが、 その“要求”とは? (決して彼らにほしいものを買ってあげるなどという内容ではなく、それよりはるかに強力な欲求です。)
  • 「うちの子供には反抗期がないのだろうか。」 あなたがそう錯覚してしまうほど、子供に反抗させないあるテクニックとは?
  • 小学生―親の関係と、中学生―親の関係には決定的な違いがあり、 これを意識しないと子供の気持ちがどんどんあなたから離れて行ってしまうのですが、 その違いとは?
  • 思春期の子供を育てる際に、勇気をもって“ある事”をすると子供の成長が格段と早くなるのですが、 その“ある事”とは?
  • 「うちの子はいつもダラダラしてばっかりで」・・・ そんなダラダラしてしまう子供の習性を逆用して一気に成績を伸ばさせるために、 是非理解しておかなければならないポイントとは?
  • 子供が「別に中間試験とかどうでもいいし。」 「3年の秋に部活引退してから受験勉強始める。」 などと子供が自分の立場を全く理解できていない発言をした時、 彼らの心を入れ替えさせるためにあなたが是非しておくべき あることとは?
  • 大人たちが細心の注意を払っていても犯してしまう、 ある“失敗”があるのですが、その“失敗”とは? (気をつけていても失敗するのに、気にもしていない人が多すぎるんです・・・)
  • 叱らない育て方には重大な欠点がある事を認識しておかなければなりません・・・ 子供をほめるだけではいけない、その理由とは?
  • 実は、子供がいつまでも「反抗期」であるというのは、 子育ての“ある問題点”を強く反映した結果にすぎないのですが、 その問題点と、その解決方法は?
  • 子供を育てる時に、彼らのプライベートを認める事によって得られるメリットははかりしれないほど大きいのですが・・・ そのメリットとは? (このメリットを聞いてしまうと、もう子供の秘密を暴こうとする人の気持ちが全く理解できなくなるでしょう。)
  • 大人が子供の携帯をとりあげメールを読むこと・・・それが子供にもたらす影響とは? (今後どうしても子どものメールを読みたくなってしまったら、この点には気をつけておいてください。)
  • 男の子と女の子でプライベートに対する意識には大きな違いがあり、 これを理解しておくとどのように子供たちと接するべきかがわかってくるのですが・・・ その違いとは?
  • 「子供を叱らない育て方」が流行る事がよくあるのですが、どう考えても危険すぎます・・・ 絶対に子供を叱らなければいけない3つの状況とは?
  • 子供の叱り方を間違えると、子供が非行してしまうなどの取り返しのつかない事になってしまいます・・・ 子供を叱る際、注意しておかなければいけない7つのポイントとは?
  • 思春期の子供を叱る際、 間違ってでもこのミスをすると一生恨まれることになりかねません・・・ 叱られている子供が反省する事を忘れて大人に対する憎悪を燃え上がらせてしまう、 ある“一言”とは?
  • これをすると叱れば叱るほど子供に悪影響しか与えないのですが・・・ 子供の人格を壊してしまいかねない、最悪の叱り方とは?
  • 叱るときにこれをすることで、 1時間叱っても伝わらなかったあなたのメッセージをたった一言だけで 子供に伝える事が出来るのですが・・・その方法とは?
  • 子供を叱るのは一回や二回で終わる話ではありませんが、 子供たちの習性上、 繰り返し同じ事を叱る際に必ず気をつけておかなければいけないある事とは?
  • これをするとせっかく子供を叱ってきた事が無駄になってしまいかねないのですが・・・ 普段からあなたが気にしておかなければ、 いざ叱った時に何の効果も無くなってしまいかねないある事とは?
  • 子供を叱るのは非常に重要ですが、 うっかり“ある事”に関してまで叱ると子供に悪影響を及ぼし、 叱っても反抗される可能性を高める事になってしまいます・・・ うっかりでも叱ってはいけない“ある事”とは?
  • 叱ると子供は自信を失ってしまい、 何をやるに関しても無気力になりがちなのですが、 ひとつの事に注意さえしていれば問題はないケースが多いようです・・・ その注意点とは?
  • “ある場所”でだけは子供を叱らないでください・・・ 普通の家にも必ずある、その場所とは? (この場所で叱ると、無意味に効果が減ってしまうんです・・・)
  • 子供の服装や髪形をどこまで許そうか、親の価値観で決めていることがとても多いのですが、 これらは是非とも“ある事”を参考に決めなければいけません・・・その“ある事”とは?
  • 「学校に行かせておけば大丈夫」・・・ そんな風に錯覚する親も多いのですが、 学校はシステム的にほぼ実行できないことがあり、これは家庭でやらなければいけません・・・ 学校がシステム的にほぼできないこととは?
  • 「子供はほめてのばす」という主張には私も大賛成なのですが、 子供を単にほめるだけだとこのミスをやってしまいがちです・・・ 子供をほめる際に、避けなければいけないこととは?
  • 「子供をどうしてもほめることができない」・・・ そんな悩みを30秒ですっきり解決してしまうことも可能な、ある方法とは?
  • 子供に勉強を教える際には、 この事に気をつけて指導をしてあげるだけで効率がぐんぐんよくなります・・・ ・勉強を教える際に気をつけておくべきあることとは?
  • 男の子は勉強する際、優等生か劣等生かにかかわらず ある“特徴”を持っている事が多く、こ れに注意するだけで勉強させやすくなることが多いのですが、 その特徴とは? (男の子が特にもっている特徴なので、父親は感覚的に理解している人も多いのですが、 母親にはいまいち理解しづらいことかもしれません・・・)
  • マッチに火をつける時に偶然気がついた、 子供の勉強に対する理解力を伸ばすため、気をつけておくべきポイントとは? (これさえ知っていれば勉強を教える事はかなり楽になると思います・・・)
  • 多くの女の子が非常に得意とするにもかかわらず、 学校ではなかなか伸ばしてもらえない特徴とは? (この長所を有効活用するだけで、特に数学では男の子より格段に早く学習させる事も十分可能なのですが・・・。)
  • 女の子にこれをするとたちまち勉強嫌いになってしまいます・・・ 女の子に勉強を教える際にやってはいけないこととは? (先生や親がこれをやってしまったがばかりに、勉強嫌いになってしまった女の子がたくさんいるんです・・・)
  • 試験が近くなってもスケジュールすら立てようとしない子供・・・ そんな彼らを一気に成長させる、効果的なひと言とは?
  • 学期末になって、子供が全く提出物を出していない事が発覚・・・ そんな状況を子供が自主的に打開するようになりうる、 日常何度も言い続けておくべきある一言とは?
  • ゲームばかりしていてダラダラし続けるだけの子供・・・ いつも部屋が汚く一切掃除をしようとしない子・・・ 実をいうと、これらは彼らを成長させる大きなチャンスなのですが、 そのチャンスを生かす効果的なひと言とは?
  • 親子が敵対しあう家庭では、 “あるタイミング”で無意識のうちに大人が“ある失言”をしてしまったというケースが非常に多いのですが、 その内容とは? (大人からすれば些細な事に感じますが、子供にとっては非常に重要なことだったのですね・・・。)
  • 子供が家事を手伝うようになってとても楽になった・・・ そんな家庭には、ある共通点があるのですが、その共通点とは? (こんな簡単なことだけで子供が家事を手伝うようになるケースも多いでしょうから、やらない手はありませんね・・・)
  • 中学生以上の子供とコミュニケーションをする際には 、見落としてはいけないポイントがあるのですが、その内容とは? (小学生にこれは必要がなかったのが理由だと思いますが、見落としてしまう人が多すぎます。)
  • 子供をカウンセリングするためには、これだけ理解していればある程度うまくいってしまう気がします・・・ 子供が、自ら問題点を発見し、親のアドバイスを受けることなく解決策を考え出してしまうことも可能な、 たった一つの会話のコツとは?
  • 宮沢賢治の作品「銀河鉄道の夜」から教えられた、 子供の心理を支配し、 大人の思うままに子供を行動させてしまうことすら可能な悪魔の方法とは? (悪用すれば子供どころか誰の気持ちでも操れてしまいますが、絶対に悪用しないでください・・・)
  • これを知らないと子供との全ての戦いが不毛なものになります・・・ 子供との戦いを有効なものにするために、必要な条件とは? (子供と戦うのがよいとは思いませんが、戦うならこれは知っておいてください。)
  • 子供が「自分ってダメなんだな・・・」と認識してしまう、 彼らに言ってはいけない言葉とは? (この言葉で子供を叱らないようにしてください・・・)
  • 叱られた後にダラダラする子供・・・この裏に隠された子供の心理とは?
  • 何かに傷ついてそれを話そうともしない子ども・・・ 彼らを回復させるためにするべきこととは? (これだけですぐに回復できてしまうケースが多い、強力な方法です。)
  • どんなに自分の意志を変えようとしない子どもでも、 気がつけば大人のいいように動かされている・・・ そんな状況にしてしまうことすら可能な効果的な2つの方法とは? (言うまでもないのですが、悪用は厳禁です。)
  • 子供のころから持っているどんなに根の深いコンプレックスでも、 一瞬で解決してしまえるかもしれません・・・ その効果的な方法とは? (ある数十万円する高額自己啓発セミナーでもこれとほぼ同じような事をしていたのですが、 それほど強力な方法です・・・。)

学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part2




PDF全83ページ・・・

すみからすみまで読んで、あなたの子供との関係がよくなることは全て試してください。


(ご購入の場合は以下のボタンをクリックしてください。尚、このページにあるどの購入ボタンから購入されても、 学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part1、Part2、Part3および無料特典が全てつきます。)


ご購入はこちらをクリック






Part 3 : 「そんなに勉強するのはもうやめなさいよ・・・」 そんな悩みを抱えてしまうほど、わずか2週間前までだらしのなかった子供に勉強させてしまう方法


このパートでは、子供のやる気をがんがん引き出す方法について書いています。

子供のやる気を出すためには、いくつかの法則を覚え、その通りにしてやればやる気はでます。
そんな法則を、全て書きました。
内容を具体的に書くと・・・

  • 勉強をする気が一切起きず、試験前も夜遅くまで友達と遊んで帰ってくる・・・ そんなぐうたら子供にさえ、 毎日コツコツ勉強するのが楽しくてたまらないとすら思わせてしまうことができた、 6つの法則とは?
  • 常に探し物をしている人たち・・・彼らの心理から読み取れる、 人間を行動させるための心のスイッチとは?
  • 家庭教師の秘密・・・私は家庭教師時代、 必ず実績を出すために親が「ある発言」をするかどうか入念にチェックし、 それによって指導内容を大きく変えていたのですが、 その“発言”とは? (あえてこんな秘密を暴露しますが、 この内容を読んで子供に結果を出させるための大きなヒントを手にしてください。)
  • 前回よりはわずかに伸びたテストの点数・・・ 実はこの事実を使って、次回のテストで爆発的に成績を伸ばさせるための ある“準備”をすることができるのですが、その方法とは? (せっかく子供の成績が伸びたのにこれをしないのはもったいなさすぎます・・・)
  • 異常なまでに生徒の成績を伸ばす自称カリスマ家庭教師たち・・・ 実はそんな家庭教師の数は大学生の中にかなりの数いるのですが、 彼らの指導におけるシンプルな成功法則とは? (彼ら自身、「自分の指導方法がよいから」などと勘違いをしていますが、 こんな意外な理由があったんです・・・)
  • 子供に得意科目だけを重点的に勉強させる・・・ これは生徒の成績を伸ばすうえで有効なテクニックですが、 実は得意科目がなくてもそれを作らせることが簡単にできてしまいます・・・ 子供に得意科目を作らせるためのある簡単な方法とは?
  • 子供が成績を伸ばすため、努力するのは何も子供ばかりでなくともよいのですが・・・ 親が子供の成績を伸ばすためにできる、効果的な方法とは?
  • 子供が試験前に作る勉強スケジュール・・・ 実はこの勉強スケジュールを最も有効に活用するために、 どうしても必要なステップを踏まなければいけないのですが、そのステップとは?
  • 必要なら子供にがり勉させ、親が望む学校に進学させ、親が望む人生を歩ませながら、 それを“自分の判断”と彼らに錯覚させてしまう・・・ そんな極悪な心理操作すら可能な方法とは?
  • 「勉強も運動もなんでもでき、成績がよく友達も多い子」という子供がたまにいますが、 彼らの親が必ずといっていいほど無意識にやっている“ある事”とは? (親がこれさえやり続ければ子供は理想的な育ち方をするかもしれません・・・)
  • 興味が移り変わりやすく何をやってもやる気が続かない子・・・ そんな子供には子供なら誰しも持っている“ある特徴”を使って やる気を続かせることが可能になるのですが、その特徴とは?
  • 人間は“みんなと同じように行動したい”という強烈な欲求があるのですが、 これを使って子供にがんがん勉強させてしまうある裏技とは? (別に勉強を頑張っている集団に子供を参加させる、という方法だけではなく、 たとえ登校拒否の子供であってもさせることができる方法です。)
  • 子供があまり勉強しなくても、大人が黙って“ある事”をするだけで猛烈に勉強させる事が可能なのですが、その“ある事”とは?(授業という方法ではなかなかこの方法は使えませんが、 無意識にこれを応用して実績をだしている指導者は意外と多いものです。)
  • 子供に買い与える教材には細心の注意を払ってください・・・ 子供が使う問題集が満たしているべき、ある条件とは? (これさえ満たしていれば、どんな学校の入試対策でも市販の問題集を使って大丈夫です。)
  • これまで教材にいくらのお金をかけてきましたか? 一度も開くことのない参考書や問題集を買いすぎると、 かかる費用もバカになりません。 教材を無駄買いしないためのコツとは?
  • 学校の成績が平均点以下だと“あるワナ”にはまってしまい、 そこから抜け出せないまま大人になる人が少なくないのですが・・・ そのワナと、私の指導経験上94.8%効果があった対処法とは?
  • 学校の勉強についていけない子供には、 学年を下げて問題集を解かせることが非常に有効なのですが、 それを子供にさせるために必要なこととは? (単純に「やりなさい」だけだと反抗されるだけで何もやりません・・・。)
  • 多くの東大生が合格前に実践した、 成績を大幅にアップするための裏技とは? (変な受験テクニックだとかの話では一切ありません。 学習を進める上で誰にでも有効な技になります。)
  • これをするだけで、成績が大幅に伸びるまでの期間を私の生徒は最大75%も短くできたのですが、 それほど効率のよい勉強方法とは? (これを意識しないで指導する人が多すぎますので、 是非家でこれを子供に伝えてあげてください。 10か月はかかる勉強が2カ月半ですんだ子もいます。)
  • 学校教育の最大の欠点・・・ それは“あるもの”が多すぎる、ということにあるのですが、 その多すぎるものとは? (このことをよく理解し、足りないものをどこかで補わせるようにしないと成績は伸びづらくなってしまいます。)
  • 勉強する際、授業を聞くよりも自習の方が圧倒的に効率がよいのですが、 自習のある“欠点”をよく理解しないといくら自習させようとしても 無駄になるケースが多いようです・・・その欠点とは?
  • 運動部のきつい練習と勉強の違い・・・ 特に運動部に所属する子供は勘違いして効果がでにくい勉強をしてしまいがちなのですが、 その違いとは?
学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part3
PDF全72ページ・・・

これだけ読んで、子供のため、彼らのやる気をがんがん引き出してあげてください。
もし試験が近いのであれば、まずはこの本から読んでください。

即効性のある方法しか書いていませんので、どれを使っても役に立ちます。


(ご購入の場合は以下のボタンをクリックしてください。尚、このページにあるどの購入ボタンから購入されても、 学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part1、Part2、Part3および無料特典が全てつきます。)



ご購入はこちらをクリック





先生、それ知りたいんだけどいくらなの?



価格設定には正直悩みまして、まず一般的な相場を考慮してみました。

子供の成績を伸ばすには学習塾が一般的でしょうか。
学習塾の平均年間予算は24万6千円だそうです。

通信教育であれば、年間約6万から20万円

ちなみに私の個人指導だと、平均的には半年で60万円程度。
学生を雇ってもこの半分程度でしょうから、半年で30万円。

学生の家庭教師やバイト講師が教えているような塾と比較したくないのはありますが、大体相場としてはこれくらいでしょうか。

そう考えると、付加価値としては20万円、いや100万円いただいてもおかしくないのではないかと考えました。
とはいえ、あなたには子育てには相当の手間と費用がかかり大変でしょうから、
なるべくお安く提供したいという気持ちもあります。

以上のことを考慮し、価格を14800円としました。

自分の知識と経験をすべてお渡しするには正直安すぎなのですが、
是非私の知恵を役に立てていただければ嬉しく思いますので、この価格にしました。

正しい知恵によって、あなたのお子さんが優秀になり、家庭が円満になりましたら、
是非一言メールをくださいね。

あなたからの喜びの声をお待ちしています。




これだけでは、微妙に不十分なのではないか・・・



私の本の中で「学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方」について、全て書きました。 また、「今すぐ簡単に実行できるかどうか」 「専門用語を一切使わず、誰でも理解できるような文章か」といった不安があったため、何度も内容を読みなおし、 そのたびに修正を繰り返し、ちょっと丁寧過ぎるのではないか、と思えるほどの内容になりました。

このように育てれば、あなたの子供は自主性を発揮し、優等生になることは間違いないのではないでしょうか。

しかし。

微妙に何か足りない・・・。

ひょっとして、子供の立場になって考えた時、「正しい勉強方法」を身につけるまでに時間がかかってしまうのではないか・・・

そんな不安があったのです。

もちろん、すでに優等生として育ち始めているわけですから、もうほうっておいても大丈夫だと思います。

ただ、あなたの子供が心を成長させてから、実際に結果を出し優等生になるまでの時間を、できるだけ短くしてあげるべきではないだろうか、という不安がでてきたのです。

あるいは、成績が少し伸び始めたら、貪欲になって「もっともっといい成績がとりたいのに」 「もっとやる気が続いてくれたらいいのに」と悩みだす生徒が出てくるのではないか。

そうであるならば、私が生徒たちに教えてきた、 「いくらでもやる気を出し、好きなだけ結果を出せるために必要な勉強のコツ」を、もっと多くの子供たちに伝えるべきではないのか・・・

そんなことを考えました。

そこで、子供が今すぐに成績を伸ばす事も可能にする方法を無料でつけさせていただきます。

無料特典1 エレガント学習法



この本は、三つのSTAGEからなります。

それぞれのSTAGEでは、子供に次のことを目指してもらいます。

STAGE1 勉強が好きで好きで夜も眠れないほどになる
STAGE2 平均5点から80点を目指す
STAGE3 平均点80点から100点を目指す


その内容をできるだけ具体的に書くと・・・


STAGE1 勉強が好きで好きで夜も眠れないほどになる

  • 勉強したのに成績が伸びない・・・そんな子供が必ずと言っていいほど陥ってしまっているワナとは? (どんなに頑張ってもこんなミスをするだけで一生劣等生のままなんて、悲しすぎます。 今すぐ自分がこのミスをしていないか確認してください。)
  • 「毎日コツコツ勉強しよう」といっている生徒ほど必ず成績が悪いのですが、 その理由とは?(これを一言で説明できないひとは、勉強に対して大きな勘違いをしています。)
  • どんなに頑張っても成績が伸びず、「私には才能がない・・・」 といって勉強が完全に嫌になってしまう、そんな病気を防ぐためのもっともよい手段とは?
  • 出来ない子ほど真面目・・・その裏に隠されたある事実とは? (この事実を知って、「能力がある・ない」という幻想は、今後一切忘れてください・・・。)
  • どのように勉強すればいいか全然わからない・・・ そんな風に子供が育ってしまう最大の原因と、その対処法とは?
  • 勉強しても成績が伸びない・・・その大きな原因の一つに“間違った素直さ”があるのですが、 “間違った素直さ”とは?(これを知らずにただ素直になろうとすると、成績が伸びなくなります。)
  • 勉強する際にはこの事だけに意識を集中してください・・・ 成績を効率よく伸ばすため考えなければいけないあることとは?
  • “教科書をたくさん読もう”・・・ こんなことは考えてはいけないのですが、その理由とは? (教科書を読む事は非常に重要なのですが、かといってこのように考えている生徒はある失敗を必ずしています・・・)
  • 多くの生徒がネガティブな事ばかりを勉強中に考え過ぎてしまい、 時間を無駄にしてしまっています・・・それをやめるために効果的な手段とは?
  • この質問をすれば、無駄な勉強を排除していくことが出来る・・・ そんな効果的な質問があるのですが、その内容とは? (紙に書いて壁に貼っておいてください。そうすれば、あなたの子の勉強時間は10分の1以下になるかもしれませんね。)
  • ある程度成績が伸びた生徒がさらに平均90点を目指す・・・ そんなとき、最初に考えておかなければいけないこととは?
  • 成績の伸び方は難しい話ではないので、ここで是非理解しておいてください・・・ 試験の結果を合理的に説明するため知っておかなければいけない、 成績の伸び方のある法則とは?
  • どんなに辛くても勉強できてしまう・・・ 何十年でもやる気を出し続けることができてしまうために必要な、 3つのポイントとは? (これを知って、やる気が出ないという悩みは消してしまってください・・・)
  • 人間の脳で、最も優秀な部分・・・ この部分を味方につけると、 ほとんど超能力を使っているのではないかと思うほど成績が伸びるのですが、その方法とは?
  • 毎日たった3分ででき、あなたの成績を一気に伸ばすことも可能な、ある簡単なエクササイズとは? (知っているのと知らないのとでは1ヶ月後に大きな差がつきかねませんから、今すぐこれを実行してください。)
  • 中学校では、“勉強が出来る子”と“勉強が出来ない子”のグループにはっきりわかれ、 その差がどんどん開いていくという現象が起きるものですが・・・その理由とは? (この理由をはっきりと認識して、今すぐに成績が伸び続ける体質を作ってください。)
  • 優等生と劣等生の差を開かせてしまう、9つの考え方の違いとは? (優等生のように考えれば優等生になることができます。今すぐ正しい考え方を身につけてください。)
  • 目標は高く持つべきなのか低く持つべきなのかという議論はもうしないでください・・・ 目標は、状況に応じ、ある流れにそって変化させるべきなのですが、その方法とは?
  • 劣等生が勉強しなくなるのも当然です・・・ 劣等生たちが全然勉強しない、ある理由とは? (こんな意外なところに理由があったんですが、逆にこれを知ったら嫌でも勉強をはじめてしまうかもしれませんね。)
  • 現在成績がわるい生徒でも、“ある発言”をするようになってからは急速に成績が伸び出しますが・・・ その発言とは?(意識的にこう言ってみてください。考え方がどんどん変わっていくでしょう。)
  • あなたは、勉強をする際、変に大胆になりすぎたり、慎重になりすぎたりすることはないでしょうか・・・ そんな失敗をしないためにチェックしておくべきあることとは?
  • 優等生は、無意識に“あること”を考えているものなのですが・・・ そのある事とは? (劣等生は無意識にこの逆を考えてしまう事がほとんどです・・・成績を伸ばすため、こんなことはすぐにやめてください。)
  • 反省の仕方・・・反省と言っても、正しい反省と間違った反省があるのですが、 次回の試験で良い結果をだす“正しい反省”とは?
  • 日常から、学校で“ある事”をするだけで頭がどんどんよくなるという研究結果があるですが、 そのある事とは?(さりげなくできることですから、是非実行してください。)
  • このことをすると、成績が伸びるだけでなく人生も楽しくなるという、 是非ともやっておくべきことがあるのですが、その内容とは?
  • 勉強が出来る生徒と出来ない生徒では、「口癖」に大きな違いがあるのですが、 その違いとは?(知らぬ間に劣等生の口癖をいっていないかチェックしてください。)
  • 成績を伸ばすためには“自主性”が非常に重要なのですが、 この“自主性”の意味をほとんどの人が間違えています・・・ 正しい“自主性”の意味とは? (これがわかれば、今すぐに自主性を身につける事も十分可能です。)
  • 正しい自主性は6つの要素からなるのですが・・・その内容とは?
  • あなたの“本当の能力”を測定する、10分でできる簡単な方法とは? (あなたの潜在能力はとても大きいのだという事を実感してください・・・)
  • 英語の教科書を一ページわずか7分23秒で、 教科書のどの部分から出された英文和訳・和文英訳の問題にも正解することが出来るようになった、 非常に効率のよい勉強方法があるのですが、その内容とは? (7分23秒というのは、公立中学一年生で通知表の英語の成績が2の生徒が実行した結果です。)


STAGE2 平均5点から80点を目指す

  • 理解力が問われる科目で、 最大限能力を発揮するために必要な事とは?
  • 暗記科目の効率をよくするために、今すぐできる簡単なポイントとは? (あなたも今すぐこれを実行し、記憶力を一気に伸ばしてください。)
  • 平均80点を目指す生徒がノートをとる際には、必ずこのことに注意してください・・・ 勉強が出来ない子のためのノートの取り方とは?
  • ノートをきれいに取るための、4つの注意事項とは?
  • 数学の勉強は、ステップを正しく踏まないと必ず行き詰まります・・・ 数学の学習をする上で、正しいステップとは? (これに従っただけで、10点以下しかとれなかった子供の大半が80点近くの点数をとるようになりました。)
  • 英語は成績を伸ばすのが非常に簡単というケースが多いので、 今すぐに80点をとってください・・・ そのために必要な、最初のステップとは?
  • 英文法の理解をするのはとても点数につながりやすい勉強ですが、 それを短時間で終わらせてしまう方法とは?
  • 国語の読解問題を解けるようになるには、これだけを繰り返し行えばよいんです・・・ その方法とは?(国語の成績が伸ばせなくて悩んでいる人が多いんですが、これだけに集中してください)


STAGE3 平均点80点から100点を目指す

  • このレベルになるとノートの役割が非常に重要になるのですが・・・ 試験で100点をとるための、優等生のための効率的なノートの取り方とは?
  • 100点をとれない理由として、“単純ミスが多かった”という人がいますが、 その悩みは今この瞬間に全てなくしてください・・・ 単純ミスを効率的に減らす方法とは? (もしいつも単純ミスばかりに悩まされているなら、これで100点をとれるかもしれませんね。)
  • 100点を目指すのは、数学だけ他の科目と違ってやや特殊なのですが・・・ 数学で100点を目指す際に注意しておくポイントとは?
  • 「100点はとらせたくない・・・」 そう考えられて作ったテストでさえ100点をとれてしまう、ある重要な視点とは?
  • 友達に勉強を教える際にはこのことに気をつけてください・・・ 友達に勉強を教える際に気をつける点とは?(こうすると、あなたの成績も一緒に伸びるんです。)
  • 「最初から80点くらいはとっていたんだけど、それからが伸びなくて・・・」と 悩む生徒が多いのですが、その悩みを解消する方法とは? (最初からある程度優等生の人だけがひっかかってしまう、ワナがあったんです・・・。)
  • 一度100点をとったら、もう何度でも当たり前に100点をとれるようになる・・・ そのために必要なステップがあるのですが、その内容とは? (これを実行して、他の人を圧倒する成績を取り続けてください・・・)
エレガント学習法



以上、全91ページ…

これを、無料でプレゼントさせていただきます。




(ご購入の場合は以下のボタンをクリックしてください。尚、このページにあるどの購入ボタンから購入されても、 学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part1、Part2、Part3および無料特典が全てつきます。)




ご購入はこちらをクリック




さらに・・・


無料特典2 アクションプラン



「いちいち説明とかいらないから、 今すぐにやらなきゃいけない事だけまとめてくれると嬉しいんだけど・・・」

そういった場合のために、今すぐに実行すべき事だけを、簡潔に書きました。
もし時間がないなら、これを読んでそのまま素直に従ってみてください。


そして、正しい子育てがもたらす効果と言うものを、実感してみてください。


全10ページ・・・

無料特典3 チェックシート



この本は情報が多いので、
覚え忘れ、読み忘れがないかチェックしてください・・・。

このチェックリストの質問に答えていくだけで、うっかりし忘れていたこと、
覚え忘れていた事がないかチェックできます。
あなたの子育てに対する理解は、一層深いものになるでしょう。


無料特典4 塾・家庭教師の選び方



「子供が塾に行きたいって言ってるんだけど・・・」
「家庭教師もつけさせたほうがいいかしら・・・」


勉強というのは基本的には自習で何とかするべきものですが、 そうはいってもお金に余裕さえあれば、塾や家庭教師に頼りたくなるかもしれません。

しかし、塾や家庭教師と言うのは、あとから考えると「失敗だった」ということも多く、慎重に選ばなければいけません。
そこで、この無料特典では失敗しない塾・家庭教師の選び方を全て書きます。

その内容をできるだけ具体的にご紹介すると・・・



  • 塾・家庭教師をお願いする時はその理由を明確にして下さい・・・ 塾や家庭教師をお願いする、本質的な3つの理由とは? (これ以外の理由で塾や家庭教師をお願いすると失敗してしまいます・・・。)
  • 「たくさん宿題をだしてもらいたい」と言う理由で塾や家庭教師を使ってもよいのですが、 その時に気をつけておかなければいけない事とは? (これに気をつけておかないと、子供が無気力になるなどの大きな問題が生じるかもしれません。)
  • 塾・家庭教師の始め方と辞めさせ方には、一定のルールを作るべきなのですが、 そのルールとは?(この時点で失敗している家庭が多すぎます。)
  • 家庭教師を雇って、 あるいは塾に通わせて三ヶ月たったらこのことをチェックしてください・・・その内容とは? (3カ月でこれくらいになっていないと、たぶん永遠に成績は伸びないだろうという、最低のラインです。)
  • 塾と家庭教師、どちらを選ぶか・・・その際に基準となるポイントとは?
  • 少人数制のクラスに通わせるか、大人数のクラスに通わせるかは、 この基準にしたがってください・・・その基準とは?
  • 家庭教師をお願いする際、家庭教師センターを通すか、 掲示板でお願いするかというのがポイントになりますが、その時の注意点とは? (これは家庭教師の経験がないとわからない、重要な視点があります。)
  • 家庭教師センターを使う、2つのメリットとは?
  • 掲示板を使ってもよいのですが、その際に注意しておくべきポイントとは?
  • プロの家庭教師を雇う際、このことだけは注意してください・・・ プロの家庭教師だからといって安心できない理由とは? (いい先生かどうか判定する、よい方法があるんです・・・)
全24ページ・・・


無料特典5 問題集・参考書の選び方



参考書のおすすめとかありますか?

そういう質問をよくいただきますので、無料特典にして付けさせていただきます。


全6ページ・・・

(ご購入の場合は以下のボタンをクリックしてください。尚、このページにあるどの購入ボタンから購入されても、 学校中から尊敬されるオール5優等生の育て方Part1、Part2、Part3および無料特典が全てつきます。)
ご購入はこちらをクリック

追伸1

マニュアルが長いと思われた方もいるかもしれません。

確かにこのマニュアルはA4サイズで3冊合計全231ページ、 その他無料特典(エレガント学習法、アクションプラン、塾・家庭教師の選び方、問題集・参考書の選び方)の 合計が131ページ、さらにチェックリストもあります。

そこで、あなたが最初から全てを読む必要のないように、このマニュアルのどこから読んでも理解できるように 最大限配慮しました。

ですから、気になるところから読んでいってください。

どの部分を読んでも、あなたの役に立つことだけがわかるようになっています。

追伸2 

3つのステップは常に心にとどめておいてください・・・
先ほどもお話ししましたが、子育てをする上で次のステップは非常に重要です。

STEP1 思春期の習性を把握する。
STEP2 子供のマインドを支配する。
STEP3 がんがんやる気を出させる。

これは徹底してください。
子育ての悩みを消したければ、これだけで大丈夫だということを、お約束します。


それでは、本の中でお会いしましょう。



ご購入はこちらをクリック